TOP > 福島第一原発事故に対しての思い


福島県でお米等を生産・販売



お客様各位へ

福島第一原発事故に対しての思い

 私は、福島県に生まれて、原発事故以前から「環境に配慮した安心な農産物の生産」を第一に考えて来ました。 その思いは今も変わりません。元々、茨城県県境に近い町で東の阿武隈山系と西の八溝山系に挟まれた為、偶然にも 放射能線量の計測は関東と変わらないレベルでした。しかしながら、福島県と言うだけで全ての風評被害に今さらされています。
放射能自主検査(2,000秒)結果は未検出でした。

 私たち農家は、これから果てしない「除染」と「風評」と戦いながら、今まで経験した事のない世界で生き抜いて 行かなければなりません。これからの農家は、原子物理学まで勉強しろと言わんばかりで、とても大変な思いです。

 愚かな歴史的行為を二度と繰り返さぬ様、次の世代に恐怖を残さぬ様、福島で起きている事実を忘れないで下さい。
そして、食べなければ生きられない人間、破壊した環境を取り戻す為の長い時間……忘れないで下さい。

 私は、ここで生まれ、ここで生きています。
素晴らしい山並みと田園風景と夜の満天の星達に囲まれながら…ここを捨てられない農家がいます。

どうか誠意ある購買のご支援を宜しくお願い致します。

四季彩菜工房 吉田 広明
〒963-5401 福島県東白川郡塙町大字東河内字荒屋162-1






阿武隈山系と八溝山系に挟まれた、福島県白川郡塙町に四季彩菜工房はあります。

四季彩菜工房では…

無農薬で安全な、人にも自然環境にも優しいお米を育てています。
手間と時間を惜しみなく掛けて育てているため、品質には自信があります。
ホタルやタガメなど生態系が戻る稲作環境に努力しています。

四季彩菜米




お客様の「無農薬で、安全な美味しいお米を食べたい」と言う声に応えたくて…

「日本人は、お米が主食」の観点から、有機肥料栽培に着手しました。
安全な食物で健康な身体を作る事が基本です。

現在の、農薬使用に頼る一般栽培(慣行栽培)は、自然環境(生態系等)の破壊をもたらすだけでなく、稲の生育バランスを崩し、 病虫害に掛かり易く、自然環境を破壊している環境ホルモン薬害を起こしています。
更に、その米を食せば、残留農薬(環境ホルモン:ダイオキシン)の間接摂取になり、体に弊害があります。
残留農薬(ダイオキシン)は体内に入ると、内分泌かく乱を起こし、体内ホルモンや免疫細胞が異常反応を起こします。
少量の農薬や合成化学肥料の使用でも安全だとは言い切れないし、その責任を取る人もいないと思います。

四季彩菜米は安全にこだわり、アミノ酸価に優れた良質たんぱく質を含む、人や自然環境に優しい栽培米です。







お米以外にも、お米から作った珈琲やギャバが豊富な玄米粉も販売しております。

皆様のご購入を心よりお待ちしております。



※クリックすると、四季彩菜工房の商品一覧へリンクします。